View of the World - Masuhiko Hirobuchi

October 25, 2012

もっと重大な人事ミス  鳩山外交最高顧問 -

世間は石原都知事辞職、新党結成で慌ただしいですが、国政に関わる重大人事についてあえて一言申し上げます。野田佳彦首相に人を見る目がないことは、今回の田中慶秋法相起用でいちだんと鮮明になりましたが、もっと重大な人事上のミスを犯している事実はあまり目立っていません。それは鳩山由紀夫元首相を民主党の外交最高顧問に据えたことです。鳩山氏が首相として、どれほど外交上のミスを犯し、日本の国益をどれほど損ねたかは、いくら忘れやすい日本国民といえどもはっきりと憶えています。外交のセンスも常識も知識も全くない人であることは、ほぼ誰もが知っています。彼に良識や慎みがあれば、「自分は外交で数々の失敗をしたから、せっかくのお申し出だが、その地位は受けられない」と断わったでしょうが、鳩山氏はそんな殊勝な人ではありません。数か月前、党の制止を振り切ってイランに出向き、愚かな発言をしたことなど、本人はなんとも思っていないようです。こういう人物を党の外交最高顧問に据える野田首相の頭も相当に常識外れなのでしょう。この人事が日本に新たな災厄を呼ばないようにと祈るばかりです。

[Post a comment]

COMMENTS