View of the World - Masuhiko Hirobuchi

November 16, 2012

瞬間芸は上手いが戦略なき野田首相 -

14日の国会党首討論。野田佳彦首相は自民党の安倍晋三総裁とのやりとりの中で、突然16日に衆議院を解散すると明言しました。この夜のニュース番組で、キャスターやコメンテーターたちは「安倍さんは一瞬呆然としていましたね」「虚を突かれたのでしょう」「この勝負は野田さんの勝ちですね」などと話していました。こうしたコメントは視聴者に大きな影響を与えたと思います。「野田はなかなかやるじゃないか」という評価が「政治村」の住民たちの間からも湧き出てきました。しかし野田首相は瞬発力・アドリブ能力にはすぐれていますが、中長期的に物を考えることはできない政治家です。尖閣を国有化すれば、どういうメリット・デメリット(危険性)があるのかが読めずに国有化を決めてしまったこと、田中真紀子を文科相に起用すれば、どういう弊害が待ち構えているかを全く考えなかった人物鑑定眼など、失政の数は数多あります。永田町周辺で取材ばかりしてきた記者や評論家は、国会内での瞬時のやりとりだけで首相を評価していますが、この方には戦略眼というものがありません。野田さんを買いかぶりすぎないで、もっと冷静に能力・見識を問題にすべきです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 芽衣子 : November 17, 2012 03:33 PM

お久しぶりです。10年以上前のファンですが、覚えていらっしゃるでしょうか。

遅ればせながら、先生の著書「スヌーピーの処世哲学」を拝読いたしました。

いつもお変わりなく、素晴らしい内容で感動しました。
チャーリーブラウンの言葉も、先生の説得力のある解説も、心にすんなり入ってきます。

こちらのコラムも、政治に疎い私でも大変分かりやすく、ありきたりな言葉ですが面白く読ませていただいております。
これからもいちファンとして、楽しみに読ませてもらいます。
またお手紙も書きますね。

2 : 湖の騎士 : November 17, 2012 06:13 PM

芽衣子様 お久しぶりです。コメントをありがとうございます。貴女様のことはもちろん覚えています。10年前にはたしか高校生(中学生?)だったと思いますが、もし違っていたらおゆるしください。私の本をお読みくださり本当にありがとうございます。嬉しいです。さて日本の政治のことを書くのは実は苦手で、ごくごく常識的なことを書いているつもりです。その常識がなかなか通用しなくなっているのが日本の現状です。専門家は自分の尺度で政治を語るので、大局が伝わってきません。今後も一般人の目で見た政治を語って行きますので、どうかよろしくお願いいたします。

3 : 泥田の落ち武者 : November 17, 2012 09:21 PM

湖の騎士様、

落ち武者が言うのも何ですが、民主党の議員どもの体たらくにはあきれ返ります。

戦が始まる前から敵前逃亡、寝返りの続出・・・・
そこまでして議員の座にしがみつきたいのですかね?

そういう連中を受け入れる政党も政党ですが。所詮数合わせなのでしょうか?

どうも国の”まつりごと”に参画するだけの志も、覚悟も見受けられないのが残念です。

4 : 湖の騎士 : November 17, 2012 09:49 PM

泥田の落ち武者様 コメントありがとうございます。全く同感です。他の党に逃げ込んだ者たちの大半は落選するでしょう。まともな有権者は「ずるくて小心な愚か者」と見るでしょうから。大体国会議員になる資格などない輩が、マスコミの作りあげた民主党ブームに乗って当選しただけです。野田首相のコメント力によって、残留組の何人かは当選するでしょうが、輿石幹事長みずからが、「過半数は無理だろう」と言うようでは民主党に未来はないと思います。

5 : 泥田の落ち武者様 : November 18, 2012 12:05 AM

湖の騎士様、

まずは、民主党に所属して議員になったという時点で、議員個人の思想・信条はともかく、国家百年の大計を見誤り、目先の議席に目がくらんだ、或いは出来もしない詐欺フェストを見抜けなかった、という時点で今後国政に関与する資格は無いでしょう。(意図的に破壊工作に励んだ連中は別として。)

その意味においては、民主党の果たした役割は、今後国政に関与させるべきでない人士をリストアップしてくれた、というところでしょうか。

彼らの行った、媚中、媚韓、媚北、反日を我々は忘れるべきではありません。原爆の祈念碑ではないですが、「過ちは繰り返しません」を肝に銘じるべきかと。

6 : sako : November 18, 2012 06:10 AM

最近「日本の統治構造」を読みました。
その中で、政党の基盤が弱く離合集散することで、民意が汲み取り難くなっていると指摘がありました。
今の民主党をみて、”なるほどこれの事か”と思いました。
田中大臣のお陰で、民主党は見限りました。


外交分野だけみると、過去散々中韓べったりの”自民”、国連中心馬鹿の”国民の生活”、核武装と寝言を言う”太陽”、今の”民主”、社民・共産・公明は論外。
悲しくなってきます。長くなって申し訳ありません。

7 : 湖の騎士 : November 18, 2012 12:33 PM

泥田の落ち武者様 再度のコメントをありがとうございます。民主党の新人議員たちを「今後国政に参加させないリストに入れる」というのは、有効なアイデアだと思います。小泉郵政選挙で、とんでもない若者が自民党議員になりましたが、民主ブームで当選した連中は、彼と大同小異でしょう。

8 : 湖の騎士 : November 18, 2012 12:39 PM

Sako様 コメントありがとうございます。「日本の統治構造」はまだ読んでいませんが、ぜひ読みたいという気になりました。ずいぶん分かりやすく現在の政界を描いているようですね。情けない気持ちは同じですが、ここで諦めるわけにはいきません。「悪い度合がより少ない党」に一票を入れるしかないと思います。