View of the World - Masuhiko Hirobuchi

December 06, 2012

公約の実現可能性で政党を選ぶと? その1 -

さまざまな党が勝手なこと、おいしいことを言っています。「またか!」とうんざりしていたのでは、あなたの暮らしも日本も少しもよくなりません。この非能率・無責任も民主主義の代償と割り切り、厳しい目で政党を選ぶべきです。さて政党も政策も多すぎて、どれを選んだらよいか分からないという方に、ひとつの提案です。「公約の実現可能性で政党を選ぶ」という方法です。言葉を変えれば「公約のインチキ性をいかに見破るか」です。この基準で「原発」についての態度を見てみましょう。最も実現しそうにないのが、社民と共産です。「原発を即時撤廃する」という意気込みは分かりますが、それは不可能です。代替エネルギーをどうやって確保し、それにはいくら費用がかかるのか。中東で戦争が起きた場合、石油の大量輸入をどうするのか? それを運ぶシーレーンは本当に安全なのか? 考えるべきことを全く考えていないと思います。次に実現しそうもないことを言っているのが未来の党です。10年後に原発を全面的に停めるというのは、耳ざわりはいいですが、そんな短期間で日本が生き延びてゆける代替エネルギーが開発できるわけがない、と理性で物事を考える人々は見破っています。6日付けの朝日や読売が、この党の「苦戦」を伝えていますが、有権者は冷静に現実を見ているのだと思います。嘉田代表は「ドイツは10年後に原発をゼロにすると言っている。やればできるのだ」と強調していますが、ドイツの場合は隣国フランスが原発で起こした電力を買うことができるのです。日本とはまったく事情が違います。それを言わないで、「ドイツがこうだから日本も大丈夫」というのは、大きな嘘(あるいは無知)です。「30年後の原発ゼロを目指す」という民主の案は、一見「妥当な線」に見えます。しかしこれも「最も抵抗が少なそうな線を選んだな」と見ている人が多いのではないでしょうか。そんなことより何より、この党の場合は、過去3年余の無能・無為無策ぶりがひどすぎて今さら何を言っても無駄だと思われているが現状でしょう。残りの政党についても述べなければなりませんが、それは次回に譲りたいと思います。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : alien : December 7, 2012 12:35 AM

湖の騎士様は、安倍政権が誕生したら安倍さんは2年後ぐらいから憲法改正に着手するのではないかと見通していらっしゃいますが、わたしは違う展開もあるのではないかと思っています。

どのようにやったとしても党内外、マスコミ等からの妨害で安倍さんに何年も時間の猶予があるとも思えないですし、安倍さんの意気込みからいって、政権奪取直後から全力で公約実現に邁進するのではないでしょうか。

憲法改正は反対も多い問題ですから、国民的議論が熟するにも首相一代の在任期間で何とかなるとは思えません。おそらく何人もの総理の(政治生命の)屍の山を築きながら、そうやっている内にこの問題が国民の耳にも馴染み、徐々に真意も理解されて結論が出るのではないでしょうか。

だから、最初の強硬突破役の安倍さんは総理就任直後から大きな声で力強く訴え続けるのがいいと私は思います。そして、間もなく安倍さんは倒れ、手からバトンは落ちるでしょうが、誰かがそのバトンを拾って後に続き、その人も倒れ、議論を深めながらまた誰かがバトンを拾って立つ・・・こんな展開を想像をしています。

2 : 湖の騎士 : December 7, 2012 09:45 AM

エイリアン様(今度はローマ字が打てなくなりました) 貴重なコメントをありがとうございます。仰るとおりの選択を安倍さんがする可能性は大いにあります。またその方が賢明かも知れません。しかし大事をなすにはまず国民の暮らしをよくしなければなりません。世論も幼稚な部分がずいぶんあります。憲法改正といっても、マスコミはそれを支えるだけの成熟さを欠いています。「急いては事をし損じる」の譬えもあります。まず経済を軌道に乗せ、「なるほど安倍さんの言う通り日本は豊かになり活気が出てきた」という実感が生まれてきてから、本格的に憲法論議に入れば、より広範な納得が得られるのではないでしょうか。私の言うことはまだるっこしく、こんなことを言っていたのでは、いつまで経ってと事は成らないのかも知れません。孫子の言うように「兵は拙速を尊ぶ」というのも真実です。さて「スピードで行くかじっくりと構えるか」そこが難しいところです。

3 : 悠々 : December 7, 2012 10:23 AM

私には各党の政策を読み解く力はありませんので先生のお説にコメントは出来ませんが、一つだけ気になることがあります。
私は先般ドイツに旅をしてドイツの友人から「今年の夏はドイツからフランスへ電力を融通した」と言う事を聞きました。
日本のマスメディアの報道では、そいつはフランスから原発で発電した電力を買えるから、原発廃止も可能なのだ。という日本の電力会社のコメントを鵜呑みにして伝えているだけです。
友人もそのことを知っていて私に教えてくれたのです。
国民をさんざん欺いて、原発安全神話を吹き込んできた会社の言うことを、裏も取らずに報道するというのはマスメディアの怠慢です。

4 : 湖の騎士 : December 7, 2012 02:25 PM

yuuyuu sama Thank you for your message. Mata nihongo ga denaku narimasita.Doitsu ga France kara denryokuno kyoukyuuwo ukerutoiunowa 'hitsuyouna baaini' toiu
kotodesu. Japanese media ga souiu hodouwo sitanoha uradukemonasini shitakoto dewa arimasen. Denryoku gaishano jouhouwo unomini shiteno houdoudeha naihazude genchideno
uramo totteiruto omoi masu. Kono natsu Doitsu ga
France ni denryokuwo yuuzuusita toiu goyuujin no
hanashiwa hontou deshouga, iza toiu baaini sougoni yuuzuusiau taiseiga dekite irunodeshou. Honbundewa furemasendesitaga, watashino kioku dewa, Doituno niwa ekika tennnen gas (LNG) no pipeline ga Russia karano gas wo okutte kuru taiseimo dekite ori, nihon towa mattaku jijouga chigai masu. Motto kuwashiku shitaberu tsumoridesu. 'Mirai' wa hyouga hoshikute datsu genpatsu wo tonaete irunodato omoimasu. Junsuina kimochi kara kou itteiru youniwa dousitemo omoe masen. Gosankou madeni.

5 : 悠々 : December 8, 2012 06:17 PM

ローマ字はとても読み辛いです。
日本語が駄目なときは英語で書いてくださった方が分かり良いです。

6 : alien : December 8, 2012 07:41 PM

湖の騎士様
先日もわたくしの書き込みにローマ字でお返事をくださいましたね。キーボードを一つ一つローマ字入力してくださっているお姿を想像して感謝しつつ、同時におかしな感慨をもちました。

GHQが日本を占領した時、漢字・ひらがな・カタカナを全廃して日本語をローマ字表記にする計画だったそうですね。大真面で。
「当用漢字」とは、日本語表記全廃の日まで「当面使ってよい漢字」という意味だったとか。

湖の騎士様のローマ字のお返事を読みながら、もし、あの時、日本語表記が廃止されていたら「こうなっていたのかぁー・・・」と妙に具体的に分かりました。
こういう風に「実演」していただくまで、GHQがわざわざローマ字表記を目指した意味がわからなかったんです。日本語をわざわざローマ字表記にするより、英語にした方がずっとお互いに合理的なんですもの。
でも、今、「実演」を拝見して、こんな風に想像します。また、想像癖で恐縮です。
アメリカ側から「日本語を全廃にして英語にする」なんて下達したら、それこそもう一回戦争のやり直しになるぐらいの騒ぎになったかもしれませんが、日本語は一応残して表記だけローマ字にすると・・・
日本人は読み書きがまどろっこしくて耐えられなくなって、「いっそ、国際語である英語にした方が国益」とか何とか、世論が日本人の方から自発的に盛り上がったかも。そして、GHQは押し付け感なく、まんまと日本語を全廃して英語を導入できるというわけです。この想像、どうでしょう?
とにかく、美しい母国語が残ってよかったです。
あ、そういえば、今日は開戦の日ですね。
日本語が残ってよかったです。

湖の騎士様、「実演」ありがとうございました。


7 : 泥田の落ち武者 : December 8, 2012 08:56 PM

湖の騎士様、

私も騎士様のご意見に賛成です。安倍氏には実績の積み上げに基づく、長期政権を期待したいです。

まずは経済の再生と、その前提としての電力供給の安定。

次に外交・安全保障体制の見直し。

その次に財政の安定化と、その前提としての国家の役割の見直しと、社会保障における負担と給付の見直し。

さらには公教育の立て直し。

といった分野で実績を積み上げなければ、保守的で固陋頑迷な進歩的文化人とやらを中心とする、「リベラル勢力」に付け入る隙を与えそうな気が致します。

まずは長期安定政権を目指して頂き、腰を据えて王道を進んでいただければと存じますが。

因みに自然エネルギーの西欧における失敗と、政策の転換はなぜか日本ではあまり取り上げられませんね。移民政策の失敗を西欧諸国が認めているのが、日本では伝えられないのと同じ構図なのでしょうね。

8 : 湖の騎士 : December 8, 2012 10:26 PM

悠々様 ローマ字は読みにくくて申し訳ありませんでした。この夏にドイツのご友人の話として、フランスに電力を融通したというのは、ありうることです。今はまだそういうことが可能です。私が記事で書いたのは、将来ドイツがいよいよ原発を全廃して、電力不足になった場合に陸続きのフランスから供給を受ける体勢が出来ているということで、今すぐということではありません。さらにヨーロッパにはロシアからの天然ガスのパイプラインが通っており、エネルギー供給については日本よりはるかに恵まれています。そうした事情に一切触れずに、嘉田知事のように「ドイツでは原発全廃を決めた。だから日本でもそれは可能だ」と言うのは、真実を見ていない証拠です。「願望」としては原発全廃は望ましいことですが、「現実」としては10年以内に全廃するのは無理です。なにやら竹槍で米軍と戦うのだと叫んでいた戦時中の日本の支配者たちのメンタリティと似ているようにさえ思えます。

9 : 湖の騎士 : December 8, 2012 10:38 PM

エイリアン様 コメントをありがとうございます。コンピューターが急に言うことを聞かなくなったり聞いたりで、ローマ字でお返事しましたが、このことから米占領軍と一部の米軍追随者の「日本語ローマ字化」さらには「日本語廃止化」の動きへと想像力豊かに話を展開されたのには本当に感心しました。実に面白い考え方ですね。もっといろいろなキーを打ちまくって日本語が出てくるまで待てばよかったのですが、私のエッチラオッチラぶりから「日本語が残ってよかった」と思ってくださったとしたら、こんな嬉しいことはありません。今日は奇しくも開戦の日。いろいろなことを考えています。あれから71年が経ったのですね。

10 : 湖の騎士 : December 8, 2012 10:49 PM

泥田の落ち武者様 コメントありがとうございます。安倍総裁は少し事を急ぎすぎている印象です。昨夜(7日)の「報道ステーション」で、舛添要一さんがその事をたしなめていました。「今この時点で『国防軍』などという言葉を使って国民の反感や不安を募らせるべきではない。『自衛軍』でよいではないか」と。舛添さんの政治行動のセンスには賛成できませんが、「論客としての頭脳とセンス」は評価できます。安倍さんは少し「言語感覚」に乏しく、そのために大魚(長蛇)を逸するのではないかと心配です。ここはもっと慎重に、忍耐強く行くべきだと思います。