View of the World - Masuhiko Hirobuchi

December 15, 2012

民主敗北の原因分析 マスコミがあまり言わないこと -

いよいよ大詰めです。多くのメディアが自民・公明で300議席を超えそうだと報じ、民主党びいきの一部のメディアは「『それではいくらなんでも勝たせすぎだ』として弱者である民主への同情票も出てくるのではないか?」と希望をまじえて伝えています。しかしこの選挙戦を通じて、読者や視聴者の皆さんは、どこか納得のゆかない欲求不満をお感じになったのではないでしょうか? 原因は自公が勝ち民主が政権を失うのは当然として、その原因の分析が核心を突いていない、ということにあると思います。欲求不満の最たるものが「暴言閣僚を直ちに更迭できない野田総理の危機意識の欠如」を批判しているメディアが少なすぎることです。わけても藤村官房長官の「(北朝鮮はミサイルを打ち上げるのなら)さっさと打ち上げてくれればいいのに」という暴言です。これは許しがたいものでした。切れ味のいい総理なら、この一言をだけで、直ちに長官を更迭したはずです。しかし野田総理は、自分が任命した閣僚がどんなヘマをやっても、間髪をいれずに更迭するという果断さを示したことは一度もありません。今回もそうでした。民主党が惨敗するとしたら、こうした総理の優柔不断さ、フェアな精神の欠如が最大の原因だと私は思います。愚かな閣僚一人を更迭できないで、何が「決められる政治」ですか! 藤村長官を更迭する必要はないと勝手に決めてしまうようなセンスの持ち主が、中国・韓国・アメリカを相手にまともな交渉ができるわけがなく、この低迷する景気を立て直せるわけがないのです。有権者はそうしたことは鋭く見抜いています。ただ民主党政権への不満と怒りは、時にバラバラになっており、きちんとまとまった形になっていない可能性もあります。総理の判断力の悪さ、危機(とくに外交と経済に関する)を察知するセンスの欠如、理非を正す倫理感の欠如といったことに焦点を合わせれば、今まで見えなかったことがはっきりと浮かび上がってくる気がします。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 泥田の落ち武者 : December 15, 2012 09:20 PM

湖の騎士様、

民主党はあまりに多くのウソをつきすぎました。そしてその嘘を訳のわからない理屈で塗り固め、知らん顔をしてポイしてきました。騎士様の言われる人事もまさにその一環かと。

また、反日外国勢力との癒着や、反日外国勢力への配慮から、守られるべき国益の多くが損なわれました。

経済政策はほぼ無策。円高は進行。本来需給ギャップを埋めるために、的を絞って使われるべき資源が、単に街中にばら撒かれました。

震災時の対応も、現場自治体と自衛隊、米軍が主導していたように聞いています。そしてとどめは法に基づかない原発の停止要請と、それに続く停止ドミノ。

そしてこれらを選挙の前まで反省もしない倫理観のなさと、国民を舐めた厚顔さ。

明日には大勢の民主議員が落ち武者になるでしょうが、同情の余地は全く感じません。叶うならば、各種の売国行為を行った連中への国会への喚問等「落ち武者狩り」をやってほしいくらいです。

2 : 湖の騎士 : December 15, 2012 11:20 PM

泥田の落ち武者様 コメントありがとうございます。私の触れなかった民主党の失政を手際よく整理してくださり、これで他の読者の方もあらためてこの3年余の政権がいかにひどいものだったかを思い出されたと思います。できればこの間に国を売り、国益を損なった政治家には二度と永田町には帰ってこないでもらいたいものです。「いや、それでは手ぬるい。売国行為を行った者たちを国会へ喚問せよ」とのご意見にも賛成です。それが過激とも行き過ぎとも思いません。他国では当たり前にやっていることを、日本も淡々と当たり前にやればいいだけの話です。

3 : 泥田の落ち武者 : December 17, 2012 01:38 AM

湖の騎士様、

まずは民主党の大敗、目出度い限りかと。

次は自民党がアホなことをせぬように、有権者が目を光らせる番かと。

4 : 湖の騎士 : December 17, 2012 11:22 AM

泥田の落ち武者様 コメントありがとうございます。「自民党がアホなことをせぬように有権者が目を光らせる番」というご意見に全面的に賛成です。まずは安倍総裁が勝利に酔って、かつての「お友だち内閣」を作ったりしないことです。有能な人材は、自分の敵であっても用いるという度量とフェアさを見せてほしい。経済対策ではスピードを、そして憲法問題では熟慮と世論の成熟を待つだけの忍耐力を! と願っています。