View of the World - Masuhiko Hirobuchi

August 02, 2013

安倍さん、早く麻生氏を切らないと! -

安倍内閣発足時から、「この内閣のアキレス腱は麻生太郎副総理兼財務相だ。彼はかならず取り返しのつかぬ大失言を犯す」と私は思ってきました。その懸念が今回の「ナチスに見習うべき」発言で一挙に表面化しました。昨日のマスコミに比べて、今日は比較的扱いは小さいですが、事の重大性は変わりません。ここで思い切って麻生氏を切るくらいの度胸が安倍晋三首相にあるのかどうかが問題です。おそらく「時の経過とともに事態が沈静化するのを待つ」というのが、首相の方針だと思いますが、事は国際的な波紋を呼んでいる大問題です。日本の安全と信頼に関わる話です。「党内でどんな反発があろうとも、ここは国益のために彼を切らねばならない」と決意し「麻生氏よ、君も大宰相の孫なら、ここは日本のために自ら退くくらいの気概を見せてほしい」と説得して彼を辞めさせるべきです。だらだらとこの問題児を温存するようなら、安倍内閣および自民党への支持は急速にしぼむでしょう。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : August 2, 2013 10:13 PM

今の自民党はかなり右に傾いていますから僧衣の下に鎧が見え隠れするというような物ではなく、堂々と鎧を纏い太刀を振り上げているような状況です。
麻生さんの発言もポロリと本音が出たわけで、安倍総理にしてみれば善くぞ言ってくれた、私の考えを代弁したものだ。と言った感じではないでしょうか?
海外での反響がどうなのかなんて考えていないと思います。
国民が今回の参院選で全権委任していると思い込んでいるようですから、識者やマスコミの言い分など歯牙にも掛けないのでしょう。
奢れる平家は久しからず、なんてことはご存じなのだと思います。

2 : 湖の騎士 : August 3, 2013 09:34 AM

悠々様 コメントありがとうございます。多くの方が悠々様のご意見と同じことを考えていると思います。しかしこの問題発言についての安倍総理の考えは、ご意見とは少し違うと思います。「なんという愚かなことを言ってくれたのだ。大事を前にしてあまりにも軽率ではないか。内閣および自民党さらには日本人の大多数が貴君と同じ考えだと思われるのは非常に困る。これはあきらかに国益を損なう発言だ。残念だが君には辞めてもらうしかない」と考えているはずです。ただ日本社会では、あまりにも決断力がありすぎる人は反発を買います。安倍さんは機の熟するのを待って、「やむを得ず麻生を切った」という形を取りたいのだろうと思います。できれば自発的に辞めてもらいたいのです。とはいえ党内・閣内の融和ということを考えすぎて決断を遅らせるのは困ります。麻生氏を切りたい理由はもう一つあります。「消費税増税問題」です。麻生氏は「増税論者」であり「財務官僚の守護者」です。この思想は日本経済にとって「有害」だと、安倍さんは本心では思っています。今回の大暴言で麻生氏の影響力は劇的に低下しました。彼が狙っていた「次期総理」の目はもうありません。これを機に「円満に麻生を葬る」くらいのことを安倍さんは考えているはずです。またそのくらいのしたたかさがなければ、とてもこの困難な日本の舵取り人(リーダー)とは言えません。安倍さんの次の一手を待ちたいと思います。

3 : Anonymous : August 4, 2013 01:30 PM

廣淵さん真逆です!
下記全文をお読みください。マスコミに踊らされていますよ!


一番最初に申し上げたい
ウッワァ~となった中で、狂騒の中で、狂乱の中で、騒々しい中で決めてほしくない。
ちょっと皆さん、良く落ち着いて、我々を取り巻く環境は何なんだと、この状況をよく見­てください、という世論というものの上に、憲法改正というのは成し遂げられるものなん­だと。
そうしないと、間違ったことになりかねないと、いうことを思うわけです。

最後に、僕は今、3分の2っていう話が良く出てくるんですけど、じゃあ伺いますが、ド­イツは、ヒットラーは、あれは民主主義によって、きちんとした議会で多数を握ってヒト­ラーは出てきたんですよ?

ヒトラーと言えば、いかにも軍事力で(政権を)取ったように思われる。
全然違いますよ。
ヒトラーは、選挙で選ばれたんだから!


ドイツ国民は、「ヒットラーを選んだ」んですよ?
間違えんで下さいね、これ。

そして彼は、きちんとワイマール憲法という、当時ヨーロッパで最も進んだ憲法下にあっ­て! ヒトラーは出てきたんだから。
だから常に、憲法が良くてもそういったことはあり得るということですよ。

だからここは、よくよく頭に入れとかないといけないんであって、私どもは、「憲法はき­ちんと改正すべきだ」と、ずっと言い続けて来てますけれども、その上でこれをどう運営­していくかって、これは、かかって皆さんが選ぶ、投票する議員の行動であってみたり、­また、その人たちの持っている見識であったり、矜持であったり、そういったようなもの­が最終的に決めていくんだ。

僕はあの4月の28日、忘れもしません4月の28日、昭和27年。その日から、「今日­は日本が独立した日だから」と言って、月曜日だったかなあ、靖国神社に連れて行かれま­したよ。それが私が初めて靖国神社に参拝した記憶です。


それから今日まで、まあ結構年くってからも毎年1回、必ず行ってると思いますけど、と­いったようなもんで、行った時に
わーわーわーわー騒ぎになったのは、いつからですか、これは?
昔はみんな静かに行っておられましたよ。
各総理大臣もみんな行っておられたんですよ、これは!

いつから騒ぎにしたんですか。
マスコミですよ!(ダン!と机をたたく音)
違いますかね?(会場から拍手)

僕はそう思う。いつのときから騒ぎになった。と私は。
騒がれたら、中国も騒ぐことにならざるを得ない。
韓国も騒ぎますよ。

だから、静かにやろうや(会場から笑い)、と、いうんで、憲法もある日気づいたら、ド­イツの・・・さっき話しましたけれども、ワイマール憲法がいつの間にか変わってて、ナ­チス憲法に変わってたんですよ?
誰も気づかないで変わったんだ。

あの手口学んだらどうかね?(会場から大きな笑いと拍手)
もうちょっと、わーわー騒がねえで。

本当にみんな「いい憲法」、これが・・・言って、そういうみんな納得して、あの憲法は­変わってるからね?
だから、ぜひ、そういった意味で、僕は民主主義を否定するつもりはまったくありません­し。
しかし、私どもはこういったことは、重ねて言いますが、喧噪(けんそう)のなかで決め­ないでほしい。

4 : 金沢の住人 : August 4, 2013 03:38 PM

ANO…さんのご意見ある意味でお説の通りかも知れません。然しドイツがやったことを自民党が行おうとしている様ではありませんか。民主的に再軍備を憲法に取り込もうとしているとしか思われません、これこそ要注意では無いでしょうか。安部さんがやろうとしている事を麻生さんがヒットラーを引用したのは本人の意志と異なり別の意味で理解すると何となく分かるようなきがします。

5 : 湖の騎士 : August 4, 2013 09:36 PM

Anonymous様 コメントありがとうございます。仰りたいことはよく理解できました。正確に内容を把握したつもりです。最初に申し上げておきますが、私はマスコミに踊らされてなどいません。日本のマスコミ特有の「癖」や「偏向」に対して堂々と実名で批判してきた者です。ヒトラーの政権が生まれたのは、合法的な選挙により、ドイツ国民の意思としてであったというのは、普通に物を考える人間なら知っていることです。重大な物事を決めるのに「喧噪の中で決めないでほしい」ということには私も賛成です。麻生氏も同じことを言っていました。この点については大多数の日本人も同感だと思います。しかし麻生氏について許せないのは、「いつのまにか」国体を変えたり憲法を変えたりすることを「是」としている点です。あまりにもせこいと思いませんか? 国の根幹を変える憲法を改正するのなら、真正面から国民に改憲の必要性をまず説くべきです。中には事の重要さが理解できない高齢者や、特定のイデオロギーに染まってしまって、異なる意見には絶対に耳を貸さないかたくなな人々もいます。しかし為政者はけっして短気を起こしてはいけません。理解できない人を見下したり、居丈高になったりすることは厳に慎むべきです。辛抱づよく、情理をつくしてなぜ改憲が必要なのか、それをしなければどういう恐ろしいことが迫ってくるのか。改憲に伴う危険はどういうものかを、目に見えるように説明する義務があります。とはいえ問題から逃げてはいけません。時間がかかろうと、小賢しい策を用いたりせず、大多数が納得するような説明を続ければ、日本国民は為政者の意見を支持するでしょう。麻生氏の意見は、品性に欠け、巨視的な視野を欠き、高貴な人間としての誇りを欠いています。こういう閣僚が居座ることは、世界と協調して生きていかねばならぬ日本にとって、大きなマイナスです。靖国についても申し上げたいことはありますが、今回はここまでで失礼いたします。

6 : 湖の騎士 : August 4, 2013 09:41 PM

金沢の住人様 コメントありがとうございます。ANOさん及び悠々さんへのお答えと、本文中の内容とで、私の言いたいことは大体ご理解いただけたと思います。どうか今後とも活発なご意見をお願い申し上げます。

7 : Anonymous : August 4, 2013 09:42 PM

ナチス政権は国民が熱狂し、狂乱していた→その中で行われたワイマール憲法改正は誰ひとりとして反対せず、納得した→その結果がWW2を招いた→だから日本は落ち着いた環境できちんと議論して改憲やりましょう って事じゃん。なーんもおかしなこと言ってないぞ?