View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 06, 2014

北朝鮮に騙されていないか? -

安倍政権の北朝鮮に対する「制裁解除」は少し早すぎたのではないか、という印象を持っている人が多いと思います。私もその一人です。安倍総理はまだ何も成果がでていないのに、制裁の一部を早々と解除しました。「拙速」という言葉はこういう時にこそ使うべきでしょう。この問題は奥が深く、マスコミには明かせない隠された事情があることは推測できますが、それにしても北の調査委員会のメンバー構成だけを見て「これは本気だ」と即断するのは危険です。この意見は、安倍政権のすることなすことに、何でもケチをつけてきた一部メディアや野党の批判とは根本的に違うつもりです。もう少し慎重に、「疑い」をもって北を見てほしいものです。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : July 7, 2014 08:56 AM

私も先生のお考えに同感です。
今までに散々騙されてきた相手に対する行動には石橋を叩いてわたる慎重さが必要です。これでは相手に軽く見られてしまい、またまた空手形を掴ませられる虞があります。総理自身も訪朝するという
報道もありますが、金お兄ちゃんは見返りの訪日はしないのでしょう?
秘密警察の眼が隅々まで行き届いている国ですから今更大仰な調査委員会を設けるというのも茶番です。

2 : 湖の騎士 : July 7, 2014 11:57 PM

悠々様 コメントありがとうございます。北朝鮮は本気で日本を騙そうとしています。安倍さんはそれに気付いていないようです。4日ほど前のNHKの夕ニュースで、北の一般市民へのインタビューを放送していました。いかにも穏やかで感じのよい美人が、日本との仲がよくなれば素敵なことです、といったことをしゃべっていました。NHKは何の警戒も抱かず、無邪気にこれを流したようです。しかしあの国で、巷の庶民が自由に外国のテレビに向かって意見を言えるわけがないのです。こういう「庶民」なり「主婦」は、政府当局が用意した女優だというのが常識です。彼女は日本の世論を軟化させ、対北イメージをよくするために演技をしているのだということを、見破れないようでは報道マンとは言えません。私はこれから数か月の間に、この「女優」がまだ数回登場する可能性さえあると思っています。この配役ひとつを見ても、北は本気で日本の世論を味方につけようとしているのだと分かります。安倍首相の側近たちが、こういうニュースのビデオを整理して、総理にきちんと見せる態勢になっていることを願っています。

3 : 悠々 : July 8, 2014 02:07 PM

阿部さんには前回の総理だったときに知人の葬儀で一緒になったことがあります。私の二列前に着席しておいででした。式が始まる前から着席していて、周囲の人と雑談することもなく、きちんと座って
身じろぎ一つしませんでした。育ちの良い行儀正しい人だと感じました。
今回の憲法解釈の変更と言う暴挙に出るような人には見えませんでした。党首討論の時の阿部さんの目つきには狂気が宿っていました。
NHKの北朝鮮での現地取材は私も見ました。全く先生の仰る通りです。NHKの編集者がその辺のことを分からない筈はありません。ヤラセを承知の上で放映したのだと思います。嘘と分かっている事をそのままながすNHKの意図は不気味です。

4 : 泥田の落武者 : July 11, 2014 06:34 PM

湖の騎士様、

先のエントリーの中でコメントさせて頂きました、憲法9条の解釈の変遷ですが、元ネタはこちらで御座います。

http://tamutamu2011.kuronowish.com/kyujyoukaisyakunohennsenn.htm

5 : 湖の騎士 : July 13, 2014 10:16 AM

悠々様 再度のコメントをありがとうございます。安倍総理は集団的自衛権の問題で日本の一部メディアでは徹底的に叩かれています。中国・韓国ではメディアも政府もこぞってこれを攻撃しています。日本の中には中韓に同調して政府を常に叩こうとする勢力があり、安倍総理を「危険な人物」に仕立て上げています。しかし彼はそんなに「危険」でしょうか? 中国がなりふり構わずベトナムやフィリピンの了解を侵犯し、船を沈没させたり、太平洋の東半分はアメリカが支配し、西半分は我が中国に任せよとアメリカに迫ったりしている今、反政府系のメディアはどうやって日本の独立を守るというのでしょうか? 具体的な策はなにもありません。ただ安倍は危険だという感情論で国民を煽っているだけです。この「マスコミの一元化」「マスコミ全体主義」の方が安倍総理の胸の内よりもはるかに恐ろしい気がします。凡庸なTBSテレビのコメンテーターは「戦前の日本に逆戻りしようとしている」と言いますが、それを言うなら「異論を許さないマスコミこそ戦前戦中に逆戻りしている」と言うべきでしょう。

6 : 湖の騎士 : July 13, 2014 10:19 AM

泥田の落ち武者様 コメントありがとうございます。今回の記事がお考えに近いことを喜んでいます。

7 : tekuniko : July 14, 2014 06:39 PM

はじめまして、
いつもブログを拝見させていただいております、読者の一人です。

隣国からの脅威に対して、どのように日本を守るのか、
安倍さんのやり方ついてはいろいろと賛否がありますが、
その脅威に対して一番ベターな答えを示してるのが安倍さんでもらるかなと思います。

これだけメディアが反対を唱えても、安倍さんが押し通せたのは、
反対派がその答えを、反対の立場から用意できていなかったからではないでしょうか。

8 : 湖の騎士 : July 16, 2014 12:03 AM

tekuniko様 いつもご愛読ありがとうございます。ご意見は多くの日本人の気持ちを代表したものだと思います。安倍首相のすることは、何でもかでも絶対に反対すると決めている新聞が最低3つあります。野党のほとんどは、安倍さんの推進していることが日本の安全に役立つのか有害かで発言するのでなく、「どういう安倍攻撃をすれば次の選挙で有利になるか」ばかり計算してのものです。その計算を心ある人は見抜いています。反安倍を言うのなら、「我が党はこうして国を守る」という具体策を出すべきです。それが「ない」ために、迫力も説得力もないのでしょう。