View of the World - Masuhiko Hirobuchi

December 08, 2014

弱すぎる野党の言葉 -

選挙戦も終盤にさしかかりました。マスコミは「自民300議席超も」と伝えています。小渕優子氏を公認したことで、自民党への批判が強まるだろうと見た私の観測は完全に外れたようです。今の選挙民はそんなことには無関心なのでしょう。それにしても野党の党首たちのコメント力の乏しさはひどいものです。アベノミクスは失敗だったという民主党は、政権の座にあった時には、どういう経済政策を打ったのでしょうか? 今になって「我が党は人への投資を行う」といっていますが、これは全く実体のない言葉の代表みたいなものです。共産党は、「安倍政権は日本が外国で戦争ができる国にしようとしている」といい、「我が党は安倍政権の暴走を止める」といっています。しかしこれは典型的な「煽動型政治(デマゴギー)の手法です。特定の言葉で、民衆に恐怖を与え、自分たちの思う方向に世論を誘導してゆくやり方です。これで脅える人々がけっこう出てくるのもたしかです。自分の頭で考え、政治家の嘘と真実を見抜く眼力を持った人々がふえてほしい。人々が正しい選択をするようにと祈るしかありません。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 泥田の落武者 : December 8, 2014 11:55 PM

湖の騎士様、

まあ、ミンスの無責任と実行力の無さ、更には経済・外交・安全保障に対する音痴振りには、国民の多くが辟易としているのでは無いでしょうか。それでも解党した政党からミンスに鞍替えした政治家は、政治家としての最低限の見識すらないという連中でしょう。

そういうミンスの最大の犯罪は、「自民以外の政権政党は無い」という、確信に似た感覚を、国民に与えた事では無いでしょうか。その意味では維新も同罪かと。

共産党が議席を伸ばすという観測もありますが、所詮は反自民の受け皿であり、政権担当能力などあり得るはずもありません。

小党林立も大問題ですが、政権担当能力を1つの政党しか持っていない、という状況も極めて不健全かと。夢物語ではなく、現実に立脚した、自民以外の政党が誕生することを、自民支持者として心から期待します‼

2 : 湖の騎士 : December 10, 2014 11:38 AM

泥田の落ち武者様 コメントありがとうございます。全く同感です。海江田代表は、自分の自民批判・安倍批判が「受けている」と思っているところが大問題です。彼の言葉では大衆はついてきません。いわば「売れない商品を一生懸命に売ろうとしている」ようなものです。マーケティングというものを根本的に学び直すべきです。共産党は「安倍政権は暴走している」とさかんに言いますが、「暴走」していると思う国民は少数だと思います。それでも「そうだ。その通りだ」と思う人々が一定数いて、そういう人たち向けのマーケティングでは成功しているのでしょうね。いずれにしても「自民しかいない」日本は不幸です。