View of the World - Masuhiko Hirobuchi

March 22, 2015

日本の歌謡曲に一番多く登場する鳥 -

少し固い話が続きましたので、まったく違うジャンルの話をひとつ。気楽な頭の体操です。演歌をはじめ日本人が好む歌にいちばん多く登場する鳥はなんでしょうか? とっさに浮かばなければ、それでもけっこうです。では演歌にもっとも多く登場する「職業」はなんでしょうか? 戦前の日本では「マドロス」(船乗り)かやくざ(明治以前の博徒)、もしくは芸者衆、、水商売の女性たちだったように思います。銀行員とか大学の先生などという人々は、演歌向きではありません。では今ではどうでしょうか? まったくの推測ですが、「漁師」だろうと思います。「兄弟船」をはじめ漁師さんを主人公にした歌は実に多いです。ま、そんなことを考えてゆくと、登場する頻度のいちばん高い鳥は、「000」でしょう。石原裕次郎の「俺は待ってるぜ」、田端義夫の「かえり船」、松尾和子の「再会」など、000は頻繁に登場します。どうも引き合いに出した歌がいずれも古すぎて申し訳ありません。「そんなことを知ったからってなんになるの?」とお思いでしょうが、なんにもなりはしません。ただ、凝り固まった頭を多少ほぐす効果はあるのではないでしょうか?

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 泥田の落武者 : March 23, 2015 12:06 AM

カモメさんではないでしょうか???
「バタヤン」の還り船は大好きな歌です。

私の父も祖父母も、朝鮮半島からの引き揚げ組ですので。

2 : 湖の騎士 : March 23, 2015 09:26 PM

泥田の落武者様 早速のコメントありがとうございます。最近は「かえり船」をご存知の方はそう多くはないと思っていましたが、心強いかぎりです。お父上も祖父君も祖母君も朝鮮半島から引き揚げてこられたのですか? さぞかしご苦労がおありだったと思います。私の友人も引き掲げ者ですが、終戦の日を境に、コリアンたちの態度ががらりと変わり、「あんなによくしてやったのに!」と愕然としたそうです。以来、このファミリーは半島の人々を全く信用していません。同じような境遇にあった人のだれに聞いても、同じ意見です。思わぬ脱線をしてしまいました。肝心の鳥のことはまたあとでお話ししましょう。

3 : 悠々 : March 24, 2015 09:20 AM

カモメの登場が一番多いでしょうね。
私見ですが私はカモメより鳶の方が好きです。
カモメは見た目は優美な姿かたちですが、かなり獰猛だし海の清掃係、カラスと同じような役柄です。
鳶の飛翔は上昇気流を使ってグライダーのように円を描いて羽ばたかずに上空から獲物を探しています。視力も良く高空から獲物を見つけると急降下して捕らえます。
鳶の幼鳥を拾って飼った人の話を読んだことがありますが、成鳥になって放したところ、お世話になったお礼を時々届けてくれるのだそうです。それが蛇だったり蛙だったりするのでその方の奥さんはその度に悲鳴を上げる仕儀となったそうです。
鶴の恩返し、の鳶バージョンですね。

4 : 湖の騎士 : March 24, 2015 02:24 PM

悠々様 コメントありがとうございます。拙文はたちまち答えが分かってしまう下手なクイズみたいなものでした。仰せのとおりカモメでした。この鳥の性質(本性)についてのご認識は確かなものですね。そこから話が急激に展開して、鳶に持ってゆかれましたが、非常に面白いです。トビは飼ってもらった恩を忘れないのでしょうか。犬も忘れないと聞いていますが。

5 : 泥田の落武者 : March 26, 2015 06:15 PM

湖の騎士様、

私の好きな「帰り船」のバージョンです。

https://www.youtube.com/watch?v=iKgPJH1b6io

因みに、私の祖父は指宿の海軍基地に居りましたので、復員が逆方向で(日本から半島)、復員の為に乗船した船で危うく同乗していた朝鮮人に海に放り込みかけられました。祖父は朝鮮語が堪能でしたので助かりましたが、結構な数の日本人が対馬海峡の藻屑となったそうです。

で、半島南部の港町に復員後、財産を処分し、船をチャーターして家族を連れて日本に帰ろうとしたところ、船が朝鮮人の自警団の船に見つかり、元の港に追い返されて、身ぐるみ剥がされ監禁されました。運よく祖父が街の顔役の一人だったもので、地元の朝鮮人が助け出してくれて、家族は一命は取り留めました。

その後、引揚げ船で日本に帰ったそうですが、途中の対馬で食料を買おうとしたら、有り金はたいても、するめが一束しか買えなかったそうです。(結局、半島から持ち帰ることが出来たのは「ちゃぶ台」位だったとか)

関係の無い駄文、失礼を致しました。

因みに、父親はまだ生きてます・・・・・・

6 : 湖の騎士 : March 27, 2015 03:21 PM

泥田の落武者様 まずは「かえり船」のバージョンをご掲載いただいたことを感謝します。クリックしてみました。よくぞ短期間にこれだけ集められたものだ、と感心しました。あるいは以前からそろえて置かれたのかも知れませんね。私の親友に驚くべき読書家で大インテリがいますが、なんとこの人の最も好きな歌手がバタやんで、最も好きな曲が「かえり船」だということが最近分かりました。心の幅の広さに感心しています。「僕はクラシックしか聴かないんだ」などと気取っている人は心が狭い! それにしても朝鮮半島から引き揚げてくる時にお祖父さまが蒙られたご苦労というのは大変でしたね。あの地の人々の本性をあます所なく伝える体験談です。こういう「事実」を知らずに、両国の関係を論じ、一方だけの主張を鵜呑みにしている一群の人々がいますが、こういう手合いが最も有害です。貴重なお話をありがとうございました。