View of the World - Masuhiko Hirobuchi

January 31, 2016

除夜の鐘は「騒音」なのか? -

1月28日(木曜)夜10時55分。NHK総合テレビで「除夜の鐘に苦情殺到!」というルポを放送していました。大晦日の夜に鳴らす除夜の鐘が「うるさい!」「騒音だ!」という人たちがいて、お寺の住職はほとほと困り果て、近ごろでは鐘を搗かないお寺がどんどん増えているというのです。代わりにあるお寺では、夕方に鐘を搗くようにしたところ、子供たちも喜んでおり、「騒音だ!」と苦情を言う人もいないということでした。ご住職は「除夜の鐘ならぬ除夕(じょせき)の鐘です」と苦笑いしていました。除夜の鐘を騒音と感じ、なにがなんでも搗くのをやめさせようとするこの種の人々が、今の日本には急速にふえています。彼らは「自分は聞きたくない。うるさい!」と信じ、「1年の締め括りに煩悩を追い払う鐘の音を聞いて新年を迎えたい。この鐘の音は、日本人が何百年もの間、いとおしんできたものであり、日本の風土には欠かせないものだ」と思う人たちの「鐘の音を聞く権利」を奪っていることに気付いていないのです。騒音といっても、ものの1、2時間もあれば終わるものです。鐘の音が終わるころは新年。気分を新たにして新しい年を迎える喜びといったものを感じることができない人々が、半ば暴力的に「反対という名の世論」を作り出し、その勢いに圧倒されたお寺や良識ある日本人が耐えしのんでいるのが、日本の現状です。たかが鐘の音の話じゃないか、と軽んじてはいけないと思います。もっと重要な諸問題についてもこういう「教養なき輩」が声を大にしてのさばり、善良で謙虚な人々の安全をおびやかしている例が、ほかにもたくさんあるとお感じになりませんか?

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 小龍 : February 3, 2016 02:20 AM

ご無沙汰しております。
今回の話を聞いてまず思い浮かぶのは、少数派の意見を認めないとまるで独裁者・暴君と言わんばかりに叫ぶ人のことですね。日本の政治家にもたくさんいるようですが…

物事の多くは、多数派の意見と少数派双方の意見を聞きつつ調整した中でも最後は多数派で行くというのがあるべきプロセスかと思いますが、それを横暴であるとか独裁と叫び、それを周りに振りまきながら恐怖心を煽り、物事をねじ曲げてしまうのは一種の全体主義に似たような性質を感じます。
こういう人たちに共通して言えるのは、腰を据えて話し合いをしようが出た結論が自分たちの望む方向に行かなければ納得することはないということでしょうね。

私は先生のお話も含め、こういう事柄を目にするたびに、そういう人たちとは話をするだけ無駄…と思ってしまうのですが。。結局最後は見識と良識のある人たちの判断に委ねるしか解決方法はないのでしょうか。

2 : Sako : February 3, 2016 09:42 AM

後からやって来た物達が、現地のルールを乗っ取る。通常、大部分の人は声を上げない為、声を上げる一部の物達が際立ちます。

昨年の国会前では、一部が「我々こそが民主主義だ」と声高に叫び、選挙で選ばれた正当な被選挙民を弾劾しようとしていました。全く同じ構図だと思います。

声の大きな一部に対抗するには、2つしかないと思います。
1、より大きな声を出す
2、無視を決め込む

彼らは、我にこそ正義ありと妄信しているが故に、聴く耳を持たないので達が悪いです。

3 : 湖の騎士 : February 3, 2016 05:55 PM

小龍様 お久しぶりです。コメントありがとうございます。私が「言おうとして書いていない」最も重要なこと、本質的なことをずばりと捉えて下さり、心強いかぎりです。ここに登場する「除夜の鐘は騒音だ」という人々を放置しておいてはいけないと思います。NHKに提案して「除夜の鐘は騒音か、日本文化の一部か」といったテーマの大討論会をテレビで行うことはできないか、と考えています。「騒音派」の人々に欠けているのは、もし討論会で自分たちが完全に敗れ去った場合に、勝者をたたえ、「今回は私たちの負けだ。おめでとう」と勝者に言える「よき敗者 グッドルーサー」となれないことです。討論と投票で負ければ議場を占拠したり、議長を議場に入れない野党議員たちも同じです。しかし民主主義が根付くためには、負けたほうが「負け」を認め、以後は「勝者に協力する」というフエアプレイの精神が欠かせません。NHKが除夜の鐘ひとつをめぐって大討論会を企画し、勝ったほうも負けたほうもさばさばとして握手する映像が放送されれば、日本の良識と安全のために一大貢献となるでしょう。それを見た「除夜の鐘反対派」の人々も、自分の意見を修正するきっかけにしてほしいものです。このテーマひとつについて討論するだけでも、日本の世論の成熟のために大いに役立つと思います。共にNHKに働きかけてみませんか?

4 : 湖の騎士 : February 3, 2016 06:08 PM

Sako様 コメントありがとうございます。除夜の鐘反対派と昨年国会を暴力で開かせまいとした野党議員たちの「本質」は同じだと見破られていますが、そのとおりだと思います。同じ線上に「モンスターペアレンツ」といった手合いが並んでいるのでしょうね。理性や理屈では完全に敗北しているのに、自分の非を認めないこういう連中を「放置」しておいてはいけないと思います。小龍さん宛のコメントに書いた「NHKに働きかけてこういう連中の目を覚ます大討論会」をやるという私の提案は、いささか「性善説」的すぎかも知れませんが、働きかける価値はあると思います。