View of the World - Masuhiko Hirobuchi

May 28, 2016

オバマ・イン・ヒロシマをどう見るか? -

5月28日午後の広島でのオバマ大統領の演説をどう評価すべきか? 好意的な見方もあれば、厳しい見方もあろうかと思います。マスコミの伝え方にもご意見がいろいろでしょう。私の友人の間でも評価は割れています。私自身の評価では、あまりに文学的、彼は詩人を気取りすぎた、実務家は言葉よりも実績で勝負すべきだ、このメンタリティでは核兵器は削減できない、ーーというものです。ご参考までに。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : 悠々 : May 28, 2016 06:53 PM

原爆に限らず戦争は惨いことを平然と行うものです。
旧日本軍も他国に人々に対して惨いことをやりました。
そして敗戦国として戦勝国による軍事裁判が行われ多数の戦犯が裁かれました。
しかし戦勝国の軍人は英雄として讃えられました。
喧嘩両成敗という事には成らなかったのです。
日本の被害は広島、長崎だけではありません。
東京大空襲では日本の木造家屋向けに開発された商談によって焼き尽くされました。一般民衆を標的にした残虐な戦略で被害者数は長崎広島に劣らない数になっています。
アメリカはその後のベトナム戦争では枯葉剤を大量散布してベトナムの人民に多大の被害を与えました。枯葉剤による後遺症は現在も収まっていないのです。
オバマ大統領の演説は現職の大統領としてはあれで精いっぱいだと思います。
彼が原爆被害者に思わずハグした行為こそ彼の真意だと輪は思っています。

2 : 悠々 : May 28, 2016 07:23 PM

商談は商談の誤りです。
輪は私の誤りです。

3 : 湖の騎士 : May 28, 2016 10:14 PM

悠々様 コメントありがとうございます。私はオバマ大統領の広島訪問と献花の様子、被爆者を抱擁したことを含め、「全体としては成功だった」と見ています。ただこのブログでは「スピーチ内容のみ」にしぼって論評しました。日本および世界の他の国、さらにアメリカ本国での「受け」を彼は当然狙いました。言葉の用い方では「文学の素養がある」ことを、意識して強調しました。その辺の計算が見え見えで、私には「嫌味」に映りました。本当に事を成す人間というのは、もっと自然体であるはずです。ウクライナ問題でロシアのプーチン大統領の「核を使うことも覚悟していた」との恫喝を受けてたちまち脅え、なにもできなくなった事を思い出すべきでしょう。

4 : Sako : May 31, 2016 10:10 PM

先生、お久しぶりです。
コメントは出来ませんでしたが、拝読しておりました。

オバマ大統領の演説を聞いて、相変わらず独演会の様な演説は上手いなと感じました。
それにしても、日本国内でオバマ大統領の広島訪問支持が9割を超えていますが、私には理解出来ませんでした。
トランプ大統領の可能性が高まっており、アメリカの核の傘が無くなろうとしています。こうした中、アメリカの右派を無用に刺激したり、余りに核兵器廃絶を強調することが、国益になるとは思えません。

プラハ → ノーベル賞 → 広島

オバマ大統領の回顧録の素敵な1ページにはなるでしょうが、核廃絶には全く無益です。オバマ大統領の思い出作りと安倍首相の支持率アップに貢献しただけで、国益を害したと思います。

5 : 湖の騎士 : June 1, 2016 12:07 PM

Sako様 コメントありがとうございます。オバマ大統領が広島に来たことは安倍政権の功績と捉えるべきです。相も変わらぬ安倍政権への不信任案を提出した野党4党が、もし政権を握っていたら、この訪問は実現しなかったでしょう。政敵のファインプレーに拍手するなど絶対にできない彼らは、いつまでたっても政権が取れないと思います。仰せのとおり、オバマ訪広は、安倍政権の支持率向上と自分の回顧録の1ページにはなるだろうが、日本にとっての「益」にはならないと私も思います。どうも日本人は「PRの専門家が作りあげた人情話(人情噺)」に弱すぎます。もっと醒めた理性的な目で、国際政治との絡みで、この訪問を見るべきです。