View of the World - Masuhiko Hirobuchi

July 30, 2016

小池百合子に欠けたるもの(恩義の念) -

東京都知事選は、政策を競うことはほとんどなく、遺恨試合(小池候補対自民都議会)とスキャンダル報道への防戦(鳥越候補対週刊文春&週刊新潮)という、ずいぶん次元の低い戦いの内に幕を閉じました。どのメディアもあまり伝えていないのは、候補者の政治家としての出処進退・原理原則といったことです。とくに小池氏についてこれが足りません。この人に最も欠けているのは、「恩義の念」です。細川氏の政党を皮切りに、有力者の率いる政党を渡り歩き、最後に自民党に拾ってもらって閣僚にまでなったひとです。普通の感覚なら、自民党には大恩があるはずです。それなのに自分が都知事になりたいばかりに、自民党の大きなダメージになりそうな「分裂選挙」への道を突き進みました。選挙には勝つかも知れませんが、その先の「実務能力」には大きな疑問符がつく人です。

[Post a comment]

COMMENTS