View of the World - Masuhiko Hirobuchi

August 29, 2016

五輪関係者のコメント力(りょく) -

リオで日本選手たちはよくがんばりました。心から祝福し賞賛します。ただ残念なのは、リオおよび東京での合同記者会見で、どうしても言って欲しい言葉が出なかったことです。それは「次の東京オリンピックとその後も、世界は平和であってほしい」という思いが滲み出たコメントがひとつくらいは欲しかったということです。「もっと練習して東京ではもっと上のメダルを取りたい」と、多くの選手が言いました。それには共感しますが、そんなことを言っていられるのも、競技会場の周辺が平和だったからです。しかしそれが4年後も続くという保証はありません。日本の周辺では、平和を脅かすような動きがいちだんと増しています。スポーツマン(ウーマン)は、政治を語るべきではないという考えもありますが、橋本聖子団長をはじめ、あれだけ多数の関係者が出席したのですから、だれか一人くらいは「東京大会も四海波静かな環境で行いたいですね」といった調子で、記者団に語りかけるくらいのことはできたはずです。それをしなかったということは、そうしたマインド・問題意識がなかったということです。残念です。

[Post a comment]

COMMENTS

1 : Sako : August 29, 2016 06:34 PM

スポーツ関連の予算が他国に比べ少ないと嘆く元五輪選手達が大勢います。(為末氏等)
橋本聖子議員は、現在のスポーツ予算200億円を「18年度には確実に1000億円にしたい」と言っています。

一方で、大学の授業料減免は約400億円です。(http://www.mext.go.jp/a_menu/kyoikuhi/detail/1338251.htm)

オリンピックの開催は有効需要を作り出し、国民全体に好影響を与えますが、金メダルは、選手や国家の虚栄心しか満たしません。

金メダルを取る事は偉業です。しかし国民全体にとっては無益です。高等教育を充足させる事は極めて投資効率が高い事業です。
オリンピック選手になることは、その人の趣味です。この趣味に国家はわざわざ予算を付けています。

謝意を示すことなく、引退後に予算の増額要求をする選手は、増長しているのではないのか?と感じます。

こうした肥大化したエゴを抱える方々が、到底"平和"を考える様なことはないと思います。能力も意思もないでしょう。

2 : 湖の騎士 : August 29, 2016 09:32 PM

Sako様 コメントありがとうございます。4日前に、1時間かけて書いた記事が、うまくネットに接続できず大きなショックでした。以来、内容については欲張らず、1回に1項目だけと考えて今回の記事になりました。もう一つ言いたかったことがあります。それは「だれ一人として『国費を使って競技させてもらっていることへの絶えざる感謝の念を抱いてきました』と言った者がいなかった」ということです。それを、貴方様はずばりと書いてくださいました。本当に「我が言いたいことをよくぞ言って下さった」という思いです。アスリートや役員の知的・精神的レベルのご指摘も、私の文章(少し周囲に気を使いすぎ)よりずっと鋭く、ファクトも豊富です。重ねて御礼申し上げます。