View of the World - Masuhiko Hirobuchi

COLUMNS

雑誌掲載の記事や、著作の抜粋、大学生向けのショートコラムなど。

December 22, 2016

チャーチルも手を焼いたたロシア人の行動 -

20世紀の世界で、最も的確な「大局観」を備えていた指導者となると、やはりウィンストン・チャーチルでしょう。イギリスが第二次世界大戦の戦勝国になれたのも、彼のリーダーシップと大局観・先見力のおかげだと言...[READ]

COMMENTS (0)

December 15, 2016

ロシア人の本質はスティンジー(けち) -

尖閣諸島について述べる前に、緊急に日露首脳会談を見る上での参考情報です。ロシア人の民族性や文化については折にふれてメディアで語られていますが、私の胸にぐさりと来た一言は「ロシア人はケチ(スティンジー)...[READ]

COMMENTS (0)

December 06, 2016

難聴のため緊急入院していました -

読者の皆様へ 11月の半ば過ぎ、テレビの音が「割れて」聞こえてきました。妻は「そんなことはない」と言います。「すわ、聴覚の異常!」と気付き、近くの病院の耳鼻科を訪れ、処方してもらった薬を服用しましたが...[READ]

COMMENTS (0)

November 19, 2016

高校生のご質問へのお答え (1)南シナ海の超重要性 -

結城様 お待たせしました。11月2日のご質問にお答えします。「なぜ、日本が南シナ海の問題に口を入れるのか」と聞いてくるご友人や、「中国と武力衝突を防ぐために尖閣諸島を中国にあげるべきだ」と主張する大人...[READ]

COMMENTS (0)

November 04, 2016

FBIの遺伝子 フーバーの帝国 -

ヒラリー・クリントン候補のメール事件を、FBI(米連邦捜査局)が再調査すると発表して以来、大統領選挙の様相は一変して、トランプ候補が猛追していると日本のメディアは連日伝えています。不思議なのは、事テレ...[READ]

COMMENTS (0)

November 03, 2016

日本の危機を憂える18歳高校生への返事 -

「いまの若者は防衛意識が薄く日本が直面している「危機」についても、感度がきわめて鈍い」とよく言われます。私も概ねこの意見に同感です。しかし、10月28日、11月2日に結城さんという18歳の高校生から、...[READ]

COMMENTS (0)

October 24, 2016

トランプ妄言を正す活動が必須(大統領選後) -

世の中には不思議な人もいるものです。共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏は、「自分への支持を減らすこと」を、よくもこれだけ次々と思い付くものです。過去3回のテレビ討論会でのヒラリー・クリントン氏との...[READ]

COMMENTS (0)

October 18, 2016

連ドラが形成する「世論」 -

政治評論家や政府要人、霞が関の官僚たちは、ニュース番組などは熱心にウォッチしているのでしょうが、毎朝放送されているNHKの連続テレビ小説(以下「連ドラ」)が、「世論形成」にかなり大きな役割を果たしてい...[READ]

COMMENTS (0)

October 10, 2016

無知と嘘だらけの連ドラ -

NHKテレビ(朝8時。月ー土曜日)の連続テレビ小説(通称「連ドラ」)は、台本をチェックする体制ができていないためか、「あまりにも事実と違うこと」を放送しすぎています。これでは日本人は、誤った歴史認識を...[READ]

COMMENTS (0)

September 21, 2016

「落し前」と「小指一本」 民進党野田幹事長の言語感覚 -

先週民進党の幹事長に就任した野田佳彦氏(前首相)は、記者団に向かって「私は政治家としての落し前をつけるつもりでこの職を引き受けた」と語りました。野田政権はいろいろ失敗をした。政治家として反省しているこ...[READ]

COMMENTS (0)